Hシーンは魅力満載!

【Hシーンは魅力満載!】
アイドル達とのHシーンはモーション付きなのでエロフラッシュのような感覚で楽しむことができます。効果がついているモーションや特殊なシチュエーションの開放もあるようで、Hシーンも充実しています。処女喪失シーンも用意されているため、処女フェチにとってもかなり楽しめる作品でしょう。キャラクターごとの個性が残った着衣のままでのセックスシーンが満載なので、育成の仕方次第ではそれぞれ全く異なった展開も期待されます。ソロアイドルとしてもユニットアイドルとしても育成できるということは、もしかしたらハーレム展開にして3Pや4Pを楽しむこともできてしまうかもしれません。実際にどこまでHシーンができるのかは実際にプレイしてみてください。

082633
【ユニットデビューさせてみよう!】
ソロでアイドルを育成していくのも良いですが、ユニットでデビューさせていけばさらに一気にアイドルを育成することができます。トレーニングなどもまとめて受けさせられるので、バランスよくチームを組んでいればその魅力も大幅にアップさせられるでしょう。ポイントの消費もそれだけ激しくなりますが、ソロアイドルで育てていくよりは効果が大きいようなので、ユニットアイドル育成は重要になります。また、ソロで育てるより、ユニットで育てるのは他のプレイヤーとかぶりにくい組み合わせを選ぶことができるので、まさしく自分だけのユニットを組むことができます。ゲームの中でも自分だけのアイドルを育てきることができて、最終的にはHまでできるという最高のシチュエーションが実現できます。自分だけのチームを組みたいという方は是非ユニットアイドル育成まで手早く初めて見てください。
【プロデューサーとしても成長しよう】
一般的な美少女ゲームとしては自分がプロデューサー見習いというスタンスから始まるため、プレイヤーは美少女と一緒に成長していくことになります。もちろん、プレイヤーの中には既に玄人もいるかもしれませんが、それらとはまた異なった感覚で育成していくことになるため、以前のプレイスタイルはあまりあてになりません。アイドルはそれぞれにしっかり個性が出るようになっているため、ストーリーを進めていく時にもしっかりキャラクターの個性を大切にしましょう。そういった地道な好感度アップが後半に影響してくるので、Hシーンまで早くオープンしたい方はストーリーはどんどん進めていってしまっても良いかもしれません。キャラクターの育成からプロデューサーとしての自分自身の育成、Hシーンを存分に楽しめる要素など楽しみ方は一つではないのでそれぞれに色んなプレイスタイルを楽しんでください。

コラボ作品なだけに質が高い

【コラボ作品なだけに質が高い】
アイドルユニットやソロアイドルを育成するゲームということで、アイドルマスターやアイカツのような雰囲気もありますが、やはりエロ展開にまで持っていけるというのはDMMでないとできない点でしょう。DMMオリジナルではなく、コラボ作品なので、ユーザーも相当多く、共感しあえる仲間も多いはずです。ソロのアイドルとして育成していけばゲーム内で人気が高まるにつれて独占欲や征服感、美少女の忠誠心を確かめられるので、男性の欲求の根深いところまで満たしてくれそうです。ボイスがしっかりついている所やトレーニングの要素があるのも嬉しいポイントですが、消費ポイントも多くなってくるので注意してプレイしていきましょう。バランスよく育成すれば後半は育成もしやすく、キャラのHシーン開放もしやすくなります。

086220
【アイドルの所属が分かれている?】
アイドルはそれぞれにS、M、Hというグループに分かれていますが、そこからグループが異なるメンバーを選んでチームを組むのも良し、見た目が好みの子を選んで育てていくも良し、自由度の高いプレイができます。ユニットの組み合わせだけ考えれば相当大量の組み合わせが出てくるので、とことんやり込もうと思えば課金しても足りないかもしれません。まずは、好みのアイドルを一人育てるところから始めていって、アイドルユニット、組み合わせを変えたアイドルユニットと育成の仕方を変えていくのが無難でしょう。いきなり何組も考えてしまうとそれぞれのアイドルの個性を把握するのも難しくなるので、気長にのんびりと遊んでいくのがよさそうですね。
【どうせ遊ぶならR18版にしよう】
エロ展開があるのはR18のものだけなので、遊ぶ前にしっかりエロ展開があるのかどうか確かめておきましょう。健全版でもなかなかやりこみ要素はあって楽しめますが、せっかく育成してエッチまでしたいならば最初の段階でこの確認は忘れないようにしましょう。アイドル系のゲームは非常に多いですが、アイドルスクールはイラストの種類が豊富なので、カード形式で眺めてみるのもおもしろそうです。アイドルの女の子が多いので、名前を覚えるのは相当大変そうですが、ユニットを組ませながら関係を築いていければ、好感度もそれぞれ上げやすいでしょう。キャラクターによってはデザインの異なるカードもあるようで衣装を変えたり、雰囲気を変更したりできるようです。イベントも頻繁に開催されているので、その時にしっかりキャラクターはゲットしておきましょう。

アイドルを育てて

【アイドルを育てて】
DMMとLa’crymaが共同制作したアイドル育成ゲームで、私立桜橙学園にたった一人合格したプロデュ―サー学科の生徒としてアイドルとともに成長していく物語です。プレイヤーはアイドル育成もプロデューサーとしても活躍する必要がありますが、基本的にはカードゲームになっているのでプレイは簡単です。声優陣はかなり豪華に揃えられており、VOICELOIDでも知られる民安ともえや御苑生メイ、榊原ゆいなども登場するため、ファンにとっては気になる作品となっています。アイドルユニットごとに衣装や特性が異なり、キャラクターごとに個性があるので、いかに自分好みのアイドルに育成していくかどうかは重要なポイントです。アドベンチャーシーンはフルボイスで進行されるため、いかにエッチでキュートに育成していくかがポイントになります。どんどんプロデューサーにだけHな顔を見せるようになってくるので、100人いる女の子をじっくりと育てていってみてください。

013213
【育て方も自由度が高い】
アイドル育成のための方法として、ソロデビューさせるか、ユニットデビューさせるかを選ぶことができます。ユニットでも難しくなることはないようですが、ソロの方が好みの女の子一人に集中できるので育成はしやすいでしょう。ユニットでは多少補正が効くのでフラグがいくつかあっても思い通りの展開に進めることができます。ジューンブライドガチャでは、ウェディングドレス姿のキャラクターたちをゲットできたようで、最終的にはHだけでなく結婚までできてしまうのかもしれません。展開の仕方やキャラクターの育ち方によっても妄想が膨らんでくるゲームなので、ぜひとも時間をかけて100人全員の育成をしてみてください。
【人気投票が行われるほど話題】
キャラクターの人気投票がすでに開催されるほど注目されているのは有名声優の協力もあるかもしれません。白川亜夢や、苺乃雫、御茶ノ水まどかが上位3位を独占しており、子のキャラを選んでプレイしているユーザーも多いようです。1位と2位だけでも10000票以上を集めており、上位陣は軒並み3000票は集めています。もはや本物のアイドル並みに人気が出てきているゲームなので、早いうちからプレイして、好きなキャラクターを育成しておいた方が良いかもしれません。キャラクターの属性はS、M、Hと区別されており、それぞれの特性も理解してチームを組むとよいでしょう。各キャラクターの個性も重視した組み合わせにできればキメ技やセッションでも有効なポイントが多くなります。しっかりキャラごとの特性も理解してチームを組んでみてください。

スポンサードリンク

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • スポンサードリンク

    *